姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件

姫路のクリエイター/音楽家ハヤトムラカミさんに会いに行きました。

ーーーうーん、やっぱり山の中は空気が美味しいですね。

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件1

こんにちは、ライターのウノです。

え?ここがどこかお分かりでないと?
さてはあなた、モグリですね?(ウノも初めて来ました)

バーーーーン!

 

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件2

こちら兵庫県姫路市にある安富ダムに来ちゃいました!
なんと、auユーザーのわたくしウノのスマホの電波が圏外に。
撮影担当のdocomoユーザー、もといサカモトはかろうじて繋がっていました。auもっと頑張って。

しかし電波が繋がらないとなると、あの御仁と連絡がとれません。どうしましょうか。

サカモト
コッチちゃう?
ウノ
そんな曖昧な!? 電波が入るところまで戻って連絡入れた方が……あ、ハヤトさん!

ハヤトさん
こんにちはー
姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件3
ハヤトさん
本当に来ると思いませんでした(笑)
ウノ
来ちゃいました☆

ハヤトさんとの出会いは、前回取材した似顔絵作家まをさんのイベントが行われた
カフェギャラリーのクアイエットホリデー

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件4

たまたまいらっしゃったところをウノが捕獲……
もとい、「取材させてください!」と食い気味にお願いしたところ快くOKをいただきました。

サカモト
それって社交辞令じゃ?
ウノ
気のせいです。それではいざ突撃!!
ハヤトさん
ここです〜

ウノ・サカモトかわいい!!!!

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件5

山の中にちょこんとあるログハウス。
ナニコレめちゃんこ可愛いんですけど〜〜〜!

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件6

なんかキノコとかあるんですけど〜〜〜〜!?

お尋ねしたところ、お母様の趣味だそうで。ハヤトさん単体で想像していたおうちと全然違いました。
ほほう、これがギャップ萌えか。
それでは早速おうちの中へ潜入!

サカモト
取材は?!
ハヤトさん
www

中にはアコースティックギターと何やらたくさんの機材が。
山中ゆえに朝夜は冷え込むそうで、コタツはまだまだ手放せないのだそう。

ウノ
このハシゴはもしや?!
ハヤトさん
ロフトですね。上がってみます?
ウノ
やったー!
サカモト
取材……
姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件7

わくわく

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件8
ウノ
屋根裏〜〜〜!
サカモト
語彙力どっかで落としてきた?
ハヤトさん
www
ウノ
めっちゃ素敵ですね!

木の香りがなんとも落ち着く素敵なロフトでした。
秘密基地感がすごくてうずうずする空間、サイコー。

ウノ
さて、そろそろインタビューと洒落込みますか
サカモト
やっとかい

折角なので森林浴をしながら。
なにこの素敵空間。贅沢かよ。

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件9

ーーーギターを始めたのは?

ハヤトさん
高校に入った時くらいですね。バンドを組みたかったんですけど、組んでくれる人がいなかったんですよ
ウノ
高校でもですか?
ハヤトさん
うちの高校は軽音とか、そういったギターを弾ける部がなくて。そんな友達が多いわけでもないし(笑)
ウノ
なるほど……

ハヤトさんはずっと独学でギターを弾いていたとのこと。
動物のお医者さんという夢もあり、鳥取県の大学へと進学した時にフォークソング部に入部。初めてバンドを組んだのも大学に入ってからだそう。

ハヤトさん
フォークソング部って名前なんですけど、イマドキのバンドのコピーばっかりやっていました。僕もその時はゴリゴリロックやってたんです
ウノ
えっ!めっちゃカッコイイ
ハヤトさん
月に一回のライブの度にやりたいバンドを組んでっていう形だったので、色んなバンドを組んで様々な曲を演奏してめっちゃ面白かったです。1年に200曲とか。その時が一番ギター頑張ってましたね(笑)

ハヤトムラカミさんが現在活動しているのはインストと呼ばれるジャンル
正式名称インストゥルメンタルは、歌のない楽器だけで演奏された器楽曲のことです。

ーーー歌のないインストにハマるキッカケは?

姫路の音楽家ハヤトムラカミにテーマソングをONEGAIした件10
ハヤトさん
流血するくらい激しい曲ばっかりやってた、入部のきっかけになった憧れの先輩がいたんです
ウノ
ギターをバーン、みたいな?
サカモト
擬音語……
ハヤトさん
そうそうバーンって。その先輩がある日突然ギターの機材を後輩に売って、しばらくライブに出なかったんですよ
サカモト
通じてる……
ハヤトさん
久しぶりにライブに出たと思ったら、めっちゃくちゃしっとりした曲を一人でやってたんですよね。それがインストの出会いでした

先輩さんに色々CDを貸してもらった結果、見事にハヤトさんもハマったそう。
憧れの連鎖が今のハヤトさんを作ったんですね。

そんなハヤト・ムラカミさんのLIVE動画がこちら。
彼の音楽はエレクトロニカと呼ばれる電子音楽のひとつでありながら、アンビエント(環境音楽)でもあるという独特の感性を持っています。

え?横文字が多すぎて意味がわからない?
大丈夫です、私もわかりません(ドヤ顔)

ハヤトさん
アンビエントはね、環境音楽っていう言葉になるんですよ。言葉通りですね
ウノ
なるほど!ハヤトさんの作る音楽って、雑踏の中に紛れ込んでたり今鳴いているような小鳥の声が入っていたりするのが絶妙ですよね
ハヤトさん
嬉しいことをおっしゃる(笑)
ウノ
聞いていて日常の中に溶け込んだような音楽で本当に素敵です

ハヤトさんの作る音楽は聞いていてとても落ち着くのがとっても不思議。
曲を聞いているはずなのになぜか散歩しているような気分が味わえちゃうんです。